プラモ日記

趣味の模型製作のブログを始めてみました。

制作手順や方法を、書いていきたいと思います。

みなさんの模型製作の参考になればいいなと思っています。

これまでの記事を載せますので、良かったら参考にして下さい。

 

記事紹介 PART1

IDF ナグマホン ドッグハウスⅡ

 ① ~組み立て編~ 

 ② ~組み立て編~

 ③ ~組み立て編~

 ④ ~塗装編~

 ⑤ ~塗装編(基本塗装)~

 ⑥ ~塗装編(汚し塗装 ・スミ入れ、ウォシング)~

 ⑦ ~塗装編(汚し塗装・雨垂れ)~

 ⑧ ~塗装編(汚し塗装・砂汚れ)~

 ⑨ ~塗装編(オイル汚れ)~

 ⑩ ~完成~

初心者向け艦船模型製作方法 【アオシマ 陽炎】

 ① ~道具準備編~

 ② ~作業準備編~

 ③ ~組み立て 塗装編(船体上部)~ 

 ④ ~組み立て 塗装編(船体前部)~

 ⑤ ~組み立て 塗装編(船体中部)~

 ⑥ ~組み立て 塗装編(船体後部)~ 

 ⑦ ~仕上げ塗装編~

 ⑧ ~汚し塗装編・完成~

 ⑨ ~おまけ編~

『簡単』初心者向け情景プラモデル製作方法 【高知城】

①~準備編~

②~地面製作編~

③~地面塗装編~

④~情景編~

⑤~情景編(樹木の植え込み)~

⑥~塗装編~

⑦~スミ入れ編~

⑧~組み立て編~

⑨~組み立て編~

⑩~仕上げ編~

エアブラシは購入するべきか?

①~必要性を詳しく解説(初心者向け)~

②~選び方を解説 コンプレッサー編(初心者向け)~

③~選び方を解説 ハンドピース編(初心者向け)~

揃えておきたい!100円均一で買えるプラモデル製作のための道具。

揃えておきたい!100円均一で買えるプラモデル製作のための道具。

初心者でも簡単にできる泥汚れの方法【タミヤ 38t戦車】

①~準備編~

②~組み立て編~

③~塗装編~

④~泥汚れ製作編~

⑤~泥汚れの付着編~

⑥~泥汚れの塗装編~

⑦~泥はね塗装編~

⑧~仕上げ塗装編~

『初心者向け』プラモデル製作時のお勧め塗料

『初心者向け』プラモデル製作時のお勧め塗料①

『初心者向け』プラモデル製作時のお勧め塗料②

『初心者向け』プラモデル製作時のお勧め塗料③~おまけ編~

【初心者向け】ハセガワ1/72 F18スーパーホーネット製作『1日1時間の作業で製作する』

①~準備編~

②~1日目 コクピット編~

③~2日目 機首製作編~

④~3日目 機首と機体製作編~

⑤~4日目 機体製作編~

⑥~5日目 機体製作編~

⑦~6日目 機体製作(主翼の接着)編~

⑧~7日目 機体製作(キャノピーの接着)編~

⑨~8日目 機体製作(機体下部)編~

⑩~9日目 機体製作(機体下部と武装)編~

⑪~10日目 塗装編~

⑫~11日目 塗装(機体下部)編~

⑬~12日目 塗装(機体上部)編~

⑭~13日目 塗装(コーティング)編~

⑮~14日目 細部塗装編~

⑯~15、16日目 デカール貼り編~

⑰~17日目 コーティング塗装編~

⑱~18日目 スミ入れ編~

⑲~19日目 仕上げ編~

⑳~まとめ編~

 

🐔記事紹介の続きはこちらになります。

記事紹介 PART2

記事紹介 PART3

記事紹介 PART4

記事紹介 PART5

記事紹介 PART6

記事紹介 PART7

記事紹介 PART8

記事紹介 PART9

記事紹介 PART10

記事紹介 PART11

記事紹介 PART12

記事紹介 PART13

【初心者向け】汎用パーツでディテールアップする方法(タミヤ 1/35 ドイツⅣ号戦車G型初期生産車)~⑭汚し塗装編その1~

前回は仕上げ塗装について説明をしました。今回は汚し塗装になります。

🐔前回の記事を下記に載せておきます。参考にして下さい。

【初心者向け】汎用パーツでディテールアップする方法(タミヤ 1/35 ドイツⅣ号戦車G型初期生産車)~⑬仕上げ塗装編~

ここからは汚し塗装になります。汚し塗装のコツは一度で終わらせるのではなく、付着と拭き取りを繰り返す事です。汚し塗装を繰り返して行うと、自然に汚れに深みが出てきます。手間はかかりますが、ひとつひとつの作業は簡単なので汚し塗装で悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

=🐣ピグメントの付着=

まずは土色のピグメントまたはパステル粉を全体に付着させます。今回は砂漠の車両なので比較的明るめの土色にしています。車体だけでなく、装備品やアクセサリーパーツにも付着させるようにして下さい。

ピグメントの付着が終了した状態が写真1~4になります。

写真1
写真2
写真3
写真4

ピグメントの付着はコントロールが難しいですが、この後のスミ入れでほとんど流れてしまうので、付着加減はあまり気にしないで全体に付着させるようにして下さい。

=🐣スミ入れ=

ピグメントの付着が終了したら、タミヤスミ入れ用塗料でスミ入れをします。

🐦️今回使用したスミ入れ用塗料を下記に載せておきます。参考にして下さい。

付着させたピグメントの事は気にしないで、普通にスミ入れを行います。スミ入れの前に付着させたピグメントが、溶剤で拭き取る時に一緒に流れ出すので、ちょっと古めの砂埃っぽくなります。

溶剤が染み込んでピグメントがシミになる箇所もありますが、後でもう一度ピグメントを付着させるので、あまり気にしないで拭き取り作業をして下さい。

スミ入れが終了した状態が写真5~8になります。

写真5
写真6
写真7
写真8

🐥スミ入れをすると表面が一段階暗くなります。明るめに仕上げたい場合は、基本塗装を自分がイメージしたよりも明るめに設定してみて下さい。

=🐣排気管の汚し塗装=

写真9の排気管を焼けたような感じにします。

写真9

まずは黒のピグメントまたはパステル粉を排気管全体に塗ります。乾いた状態だと上手く付着しないので、アクリル溶剤でペースト状にしてから写真10のように塗っていきます。

写真10

黒のピグメントが乾燥したら茶色のピグメントを付着させていきます。溶剤は使用しないで、乾いた筆を使用して叩くような感じでピグメントを写真11のように付着させていきます。

写真11

再び黒のピグメントを付着させていきます。乾いた状態の物を写真12のようにムラっぽい感じになるように付着させます。

写真12

ピグメントならサビ用のものを、パステル粉ならは茶色に赤や黒を加えたものを使用して、焼けた感じの色を表現していきます。少し赤身が強い茶色になるようにすると焼けた様な感じになります。

写真13のようにムラができるように付着させていきます。

写真13

最後に排気口部分に黒のピグメントを、写真14のように付着させてスス汚れを表現します。

写真14

失敗したと思ったら、その時点でアクリル溶剤、またはエナメル溶剤で軽くピグメントを流してから、黒または茶色のピグメントを付着させるところからやり直して下さい。

表面がツヤ消しの場合は、ピグメントを完全に流すことは難しいですが、逆にピグメントが表面に残るので重ねて作業をやり直す事で最初よりも深みのある仕上がりになります。やり直した方がより良い仕上がりになりやすいので、失敗を気にしないで汚し塗装をしてみて下さい。

🐔排気管の汚しについて詳しく説明した記事を下記に載せておきます。こちらも参考にして下さい。

【初心者向け】簡単!20分でできる排気管の汚し塗装①

【初心者向け】簡単!20分でできる排気管の汚し塗装②

今回はここで終了です。次回は汚し塗装の続きになります。