プラモ日記

趣味の模型製作のブログを始めてみました。

制作手順や方法を、書いていきたいと思います。

みなさんの模型製作の参考になればいいなと思っています。

これまでの記事を載せますので、良かったら参考にして下さい。

 

記事紹介 PART1

IDF ナグマホン ドッグハウスⅡ

 ① ~組み立て編~ 

 ② ~組み立て編~

 ③ ~組み立て編~

 ④ ~塗装編~

 ⑤ ~塗装編(基本塗装)~

 ⑥ ~塗装編(汚し塗装 ・スミ入れ、ウォシング)~

 ⑦ ~塗装編(汚し塗装・雨垂れ)~

 ⑧ ~塗装編(汚し塗装・砂汚れ)~

 ⑨ ~塗装編(オイル汚れ)~

 ⑩ ~完成~

初心者向け艦船模型製作方法 【アオシマ 陽炎】

 ① ~道具準備編~

 ② ~作業準備編~

 ③ ~組み立て 塗装編(船体上部)~ 

 ④ ~組み立て 塗装編(船体前部)~

 ⑤ ~組み立て 塗装編(船体中部)~

 ⑥ ~組み立て 塗装編(船体後部)~ 

 ⑦ ~仕上げ塗装編~

 ⑧ ~汚し塗装編・完成~

 ⑨ ~おまけ編~

『簡単』初心者向け情景プラモデル製作方法 【高知城】

①~準備編~

②~地面製作編~

③~地面塗装編~

④~情景編~

⑤~情景編(樹木の植え込み)~

⑥~塗装編~

⑦~スミ入れ編~

⑧~組み立て編~

⑨~組み立て編~

⑩~仕上げ編~

エアブラシは購入するべきか?

①~必要性を詳しく解説(初心者向け)~

②~選び方を解説 コンプレッサー編(初心者向け)~

③~選び方を解説 ハンドピース編(初心者向け)~

揃えておきたい!100円均一で買えるプラモデル製作のための道具。

揃えておきたい!100円均一で買えるプラモデル製作のための道具。

初心者でも簡単にできる泥汚れの方法【タミヤ 38t戦車】

①~準備編~

②~組み立て編~

③~塗装編~

④~泥汚れ製作編~

⑤~泥汚れの付着編~

⑥~泥汚れの塗装編~

⑦~泥はね塗装編~

⑧~仕上げ塗装編~

『初心者向け』プラモデル製作時のお勧め塗料

『初心者向け』プラモデル製作時のお勧め塗料①

『初心者向け』プラモデル製作時のお勧め塗料②

『初心者向け』プラモデル製作時のお勧め塗料③~おまけ編~

【初心者向け】ハセガワ1/72 F18スーパーホーネット製作『1日1時間の作業で製作する』

①~準備編~

②~1日目 コクピット編~

③~2日目 機首製作編~

④~3日目 機首と機体製作編~

⑤~4日目 機体製作編~

⑥~5日目 機体製作編~

⑦~6日目 機体製作(主翼の接着)編~

⑧~7日目 機体製作(キャノピーの接着)編~

⑨~8日目 機体製作(機体下部)編~

⑩~9日目 機体製作(機体下部と武装)編~

⑪~10日目 塗装編~

⑫~11日目 塗装(機体下部)編~

⑬~12日目 塗装(機体上部)編~

⑭~13日目 塗装(コーティング)編~

⑮~14日目 細部塗装編~

⑯~15、16日目 デカール貼り編~

⑰~17日目 コーティング塗装編~

⑱~18日目 スミ入れ編~

⑲~19日目 仕上げ編~

⑳~まとめ編~

 

🐔記事紹介の続きはこちらになります。

記事紹介 PART2

記事紹介 PART3

記事紹介 PART4

記事紹介 PART5

記事紹介 PART6

記事紹介 PART7

記事紹介 PART8

記事紹介 PART9

記事紹介 PART10

【初心者向け】フルインテリアキットの製作と見せ方(アミュージングホビー 1/35 フェルディナント)~⑪戦闘室内部の塗装編その1~

前回は戦闘室内部の製作をしました。今回は戦闘室内部の塗装になります。

🐔前回の記事を下記に載せておきます。参考にして下さい。

【初心者向け】フルインテリアキットの製作と見せ方(アミュージングホビー 1/35 フェルディナント)~⑩戦闘室内部の製作編その2~

🐦️今回使用しているキットを下記に載せておきます。参考にして下さい。

アミュージングホビー 1/35 ドイツ軍重駆逐戦車 フェルディナント フルインテリア & 16tストラボクレーン

=🐣内部パーツの塗装=

前回下地塗装をした内部パーツを、XF2フラットホワイトで塗装します。上面装甲部分の裏側は、完成すると見えないので塗装する必要はないですが、黒のままだと完成後に内部全体が暗くなりそうなので、写真1のようにフラットホワイトで塗装しています。

フラットホワイトを吹き付けて、細部塗装をしたらXF86フラットクリアーでコーティング塗装をします。

写真1

=🐣操縦室上部パーツの塗装と接着=

操縦室上面パーツ裏側のマスキングテープを剥がして、写真2のように車体に接着します。外側のマスキングテープは基本塗装が終了するまで剥がさないため、内部がどう見えるか解りません。外側のマスキングテープを剥がすまで、楽しみにしておきます。

写真2

操縦室前面のパーツを写真3のように接着します。裏側の無線機は外から見えるのでしっかり塗装して下さい。外から見える内部パーツは軽くスミ入れをしておきます。

写真3

操縦手、無線手のハッチからは、写真4のように内部が見えるようになります。マスキングテープを貼った箇所は、完成後に透けて内部が見える予定です。

写真4

=🐣戦闘室床面の塗装=

基本塗装終了後に、写真5のようにスポンジで塗装剥がれの表現をします。塗装剥がれ表現やスミ入れのやり方は操縦室の塗装で説明しているので、そちらを参考にして下さい。

写真5

スミ入れをした後、写真6のように土色のパステル粉を軽く付着させます。

写真6

エナメル塗料でオイル汚れを写真7のように塗ります。エンジンの点検口にもなるので、少し多めに汚れを付着させます。

写真7

このままだと、ちょっとオイル汚れがハッキリし過ぎるので、エナメル溶剤でフチをぼかしたり、薄くしたりして調節をします。

=🐣フィギュアの位置確認と塗装=

フィギュアを戦闘室に搭乗させるので、戦闘室が完成するまでに塗装を終了させておく必要があります。完成間際で慌てて塗装すると雑になってしまうので、早めに塗装作業を開始する事をお勧めします。

塗装前に写真8~11のように最終的な位置確認をしておきます。塗装前に足裏に真鍮線を通して、床パーツに固定できるようにしておきます。

🐥固定用の真鍮線は塗装時の持ち手にもなるので、長めの真鍮線を使用します。長いままだと上手く接着できないので、接着時には短く切って車体に固定させます。

写真8
写真9
写真10
写真11

フィギュアの塗装が終了した状態が、写真12になります。

写真12

写真12は光を当てて撮影したので、少し明るめになっています。実際はあまり光が当たらない状態になるので、写真13のような感じになります。見せ方にもよりますが、内部に乗員を載せる場合は全体的に暗くなります。フィギュアを強調したい場合は、服の明暗をハッキリ付けておく事をお勧めします。

写真13

今回はここで終了です。次回は戦闘室内部塗装の続きになります。