プラモデルに関係する映画紹介その7~ブラックホーク・ダウン~

今回は2002年に公開された『ブラックホーク・ダウン』について説明していきます。人気の映画だったので見たことがある人は多いと思いますが、これから見ようと思っている人向けに、知っておけばちょっと映画が面白く観れる事柄を簡単に説明していきます。

🐦下記に今回説明する映画を載せておくので、参考にして下さい。

ブラックホーク・ダウン コレクターズ・ボックス [DVD]

ブラックホーク・ダウン[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ブラックホーク・ダウン [DVD]

=🐣ブラックホーク・ダウンについて=

1993年10月にソマリアの首都モガディシオで行われた、米軍特殊部隊による要人捕獲作戦を描いた映画です。作戦中に2機のヘリコプターが墜とされ、乗員の救出作戦も加わってしまい孤軍奮闘するアメリカ特殊部隊の様子が迫力ある戦闘シーンで描かれています。

登場人物や時間の経過が細かく描かれていますが、実話を元にしているので、登場人物が多く、ドラマ性がやや少なめです。

写真1

=🐣当時のソマリアについて=

内戦による飢饉によって大量の餓死者が出てしまう危機的状況でした。赤十字などが食料の配給などを行っていたのですが、内戦による混乱のため、支援物資が武装勢力にほとんど略奪されてしまう状況でした。そのため、国連は物資の保護と治安維持のため、アメリカ軍を含む平和維持軍を派遣しました。

=🐣アイディード将軍=

武力勢力の指導者です。映画には名前しか登場しませんが、アイディード将軍の副官を捕らえるために劇中の作戦が行われる事になります。

=🐣登場部隊=

劇中のアメリカ軍では主に3つの部隊に分かれています。どれも特殊部隊なのですが、部隊の特質がそれぞれ異なるので簡単に説明していきます。

1. レンジャー部隊

劇中で最も人数の多い部隊です。部隊単位で行動して、主に急襲作戦や、空挺降下による軍事行動のサポートなどの任務が多いようです。劇中で通常の迷彩ヘルメットを被っている隊員は、レンジャー部隊の隊員です。

2.デルタフォース

アメリカ陸軍のテロ対策用の部隊です。アメリカ軍のなかでも最強の特殊部隊の一つです。特殊な任務が多く、5~6人程のチーム単位で行動する事が多いです。劇中で黒いホッケー用のヘルメットを被り、黒い防弾チョッキを着ている隊員がデルタフォースです。

3.ナイトストーカーズ

悪天候や夜間でも低空飛行が可能な特殊作戦用のヘリコプター部隊です。劇中ではブラックホークと小型のリトルバードの2種類のヘリコプターが登場しますが、どちらもナイトストーカーズのヘリコプターです。

作戦中の役割はデルタが捕獲する要人のいる建物を強襲し、レンジャーは建物の周りを確保し車両部隊が安全に通行できる状態にします。兵士を降ろしたヘリコプターは、地上援護のため上空で待機し、その後デルタとレンジャー混成の車両部隊で要人を基地まで連れ去る計画です。

🐥実際の作戦では、海軍の特殊部隊であるシールズの隊員も参加していますが劇中には出ていません。

=🐣デルタとレンジャー=

デルタとレンジャーは両方とも陸軍の特殊部隊ですが、部隊性の違いから少し溝ができてしまいます。

レンジャーは特殊部隊ですが、大隊規模で作戦を行うので規律やチームワーク重視で、上官の指示に従う事が重要視されています。デルタは隠密性のある作戦が多いので、少人数のチームで行動します。そのため、状況によって作戦行動が変化するので、独断での行動が必要になります。

レンジャーの若い隊員はデルタフォースを尊敬の目で見ていますが、レンジャーの指揮官は独断で行動するデルタをあまりよくは思っていません。逆にデルタの隊員は、作戦本部からの指示がないと動けないレンジャーの指揮官に苛立ちを感じています。劇中でもその様子が描かれています。

=🐣位置関係=

最初のブラックホークの墜落地点は、作戦目標の建物から比較的近い場所だったので徒歩で向かう事が可能でした。2機目の墜落地点は、作戦目標の建物から2kmほど離れた場所なのですが、最初の墜落地点とは逆方向でした。地上部隊はその時点で最初の墜落地点に向かっていたので、2機目の墜落地点への移動は困難な状況でした。

=🐣登場兵器=

ヘリコプターは大型のブラックホークと小型のリトルバードが登場しています。車両はアメリカ軍の装甲車両のハンヴィーが登場しています。どちらも模型としていろいろなメーカーから発売されているので、興味のある方は探してみて下さい。

🐦映画に関係する機体やフィギュアを下記に載せておきます。参考にして下さい。

キティホークモデル 1/35 MH-60L ブラックホーク 特殊作戦機改良型 プラモデル KITKH50005

ハセガワ 1/72 アメリカ陸軍 UH-60A ブラックホーク プラモデル D3

キティホークモデル 1/35 AH-6M/MH-6M リトルバード w/フィギュア6体 プラモデル KITKH50002

ドラゴン 1/35アメリカ陸軍 特殊部隊 デルタフォース ソマリア 1993

アカデミー 1/35 M1151 ハンヴィー AM13415 プラモデル

写真2

🐥キティホーク社は先日倒産してしまったために、現在出回っている商品が最後となっています。そのうちに他のメーカーが金型を買い取り、メーカー変更で再販されると思いますが、あくまでも予想なのでどうしても欲しいと思っている人は早めの購入をお勧めします。

=🐣民兵=

劇中でアメリカ軍は対峙するのはアイディード派の民兵です。治安維持や食料配給のために派遣されたのだから、現状に不満を持つ市民や民兵が味方になってもと考える人もいると思いますが、現状はアメリカ軍にとって厳しいものでした。

アイディード将軍は略奪した救援物資の食料を、給料として配下の民兵に与えていました。そのためモガディシオではひどい食料難は発生しておらず、逆に内政に干渉するアメリカ軍を邪魔だと思う市民が多い状態でした。さらにアメリカ軍がイスラム教徒が多いソマリア市民を、キリスト教に改宗するつもりだというデマも流れて、ますますアメリカ軍に対する敵対する感情が広がっていきました。

このような事から、市内全域がアメリカ軍にとって危険地域となり、劇中のような状況になってしまいます。

=🐣後日談=

映画では触れていませんが作戦終了後に、ソマリアのテレビ局が撮影したヘリコプターの乗員の死体を民兵や市民が引き回しているショッキングな映像が、全世界に流されました。それを見たクリントン大統領はソマリアからの撤退を決断したという出来事があります。作戦目標は達成したのですが、明らかに犠牲の方が多く総合的には失敗した作戦と言われています。

特殊部隊が参戦した作戦で機密事項が多く、世の中に知られる事はあまりなかったのですが、この映画によって多くの人が当時のソマリアの状況を知る事になりました。

=🐣まとめ=

ノンフィクション映画の割には、当時の状況や作戦までの経緯の説明が少なく開始20分ほどしたら戦闘が始まってしまうため、時代背景や当時のソマリアの現状がやや解り難くなっています。軽く今回の記事を読んでから映画を観ると、当時の状況に少し詳しくなった状態で観ることができると思うので、観る前に軽く読んでいただけたらと思っています。

🐔映画に関する記事一覧を載せておきます。目次代わりに使用して下さい。

映画の楽しみ方について         
プラモデルに関係する映画紹介その1~ミッドウェイ~         
プラモデルに関係する映画紹介その2~フューリー~            
プラモデルに関係する映画紹介その3~遠すぎた橋~            
プラモデルに関係する映画紹介その4~トップガン~            
プラモデルに関係する映画紹介その5~プラトーン~            
プラモデルに関係する映画紹介その6~ダンケルク~            
プラモデルに関係する映画紹介その8~トラ・トラ・トラ~        
プラモデルに関係する映画紹介その9~プライベート・ライアン~          
プラモデルに関係する映画紹介その10~連合艦隊~            

コメントを残す